Ma.K. NIXE ニーゼ完成~撮影しました!

Ma.K. tamagawa meeting #Qことタマミー2018をレポート No.1/2

Ma.K. tamagawa meeting #Qことタマミー2018をレポート No.1/2

Ma.K. tamagawa meeting #Q ポスター

目次

Ma.K. tamagawa meeting #Qをレポートします。

2018年10月7日、神奈川県川崎市溝の口にあるてくのかわさきにて開催。

第9回ということで表記が「#Q」。

イエローサブマリンの神戸さんが立ち上げた
マシーネンクリーガーを中心とした横山宏先生デザインの模型展示会で通称は「タマミー」

会場を移しながら、年々規模を大きくしています。

かつては丸井店内にイエローサブマリンの店舗があり、
そこで展示会が行われていたのですが、
残念ながらいまは店舗はなく、展示会のみが溝の口で開かれている訳です。

いま思い返してみると丸井の中で
自分の作品が展示されていたなんて、自慢になりますね!

タマミーでは「場外乱闘」と称して、
そのほかの模型も展示できるところが、自由度が高くてすばらしい。

わたしもかつてバンダイのパーフェクトグレード通称PGのエヴァンゲリオン初号機を持ち込んで、
ごく一部で物議を醸しました(笑)。

かつては他に関東展示会という強力なマシーネンクリーガーの展示会があったのですが、
こちらは今はなく、
このタマミーが関東展示会に成り代わって
マシーネラーたちの交流の場となっています。

実は今回は感覚的に、
作品点数、参加者ともに減少するんじゃないかと
勝手に思っていたのですが…

行ってみたらとんでもなかった!

今回は作品数が450点前後、
参加者が150~200名くらいだと聞きましたので、
ひとり頭平均で2~3点は作品を持ち込まれている。

スゴいですね!

文字通り、人があふれかえっておりました。

前置きが長くなりましたが、
レポートをしていきたいと思います。

全作品を撮影しようと考え、
一眼と予備のバッテリーを用意していたのですが、
あまりの熱量と作品数に撮影する方が参ってしまいまして、
ごく一部となっております。

ご了承ください。

ではでは、作品紹介!

小川さん 「クレーテ」

小川さん クレーテ

会場に入って、目に飛び込んできたのがクレーテ。
なんと鋼鉄製!

名古屋ミーティングの主催の小川さんが製作とのことで、これは驚きました。

小川さん クレーテ

スケールは1/6~1/5くらいとのことで、リアル溶接跡にシビれました。

特に機関部のディテールはかなり作り込まれており、こういう感じになるんだな~と妙に納得してしまいました。

小川さん クレーテ

きっと名古屋ミーティングに向けてもっと作り込まれると思うので楽しみです。

 

次も大物。

KENICHI KATOさんの「ビリケンで出会った一目惚れ武装少女」。

KENICHI KATOさんの「ビリケンで出会った一目惚れ武装少女」

美術部展で見たイラストを基に立体化したというのもすごいですが、材料がランナーというのもスゴい!

7体分のニーゼのランナーを超音波カッターで整形していくという、私にはどうやってそんなことができるのかまったくわかりません。

文字通り、成形色を活かした作りになっていました。
「脱いでもすごい」らしいです。

KENICHI KATOさんの「ビリケンで出会った一目惚れ武装少女」

赤いレーザーも作られてました。
ちょっとバスタードっぽい雰囲気があるなと感じました。

ヘビースモーカーズフォレストさんの「チームガラパゴス」

ヘビースモーカーズフォレストさんの「チームガラパゴス」

元ネタがあるらしくお聞きしたのですが失念…。

しかしクレーテとアオアシカツオドリのコラボ?というんでしょうか。
ハイブリットクレーテですね。

ヘビースモーカーズフォレストさんの「チームガラパゴス」

それからラッコ…でしょうか?
かわいいパイロットがいました。

タケゾーさんの「ガチャーネン部隊」

タケゾーさんの「ガチャーネン部隊」

ガチャーネンでスネークアイ部隊を製作。
中央の一体は雑誌を基にセミスクラッチされたそうです。

1/35と思えない丁寧な作りと鮮やかなホワイトに目が留まりました。
サンゴー侮れませんね。

ジュン・マツナガさん「DEATH KNIGHT & 死神」

ジュン・マツナガさん「DEATH KNIGHT & 死神」

LOVE LOVE GARDENのBLACK KNIGHTの改修版とパイロット+海洋堂の髑髏ということで、ダークな雰囲気が会場内でも異彩をはなっておりました。

黄金バットを思い出してしまいました。

同じくジュン・マツナガさんの「ミナミさんが加わりました」

ジュン・マツナガさんの「ミナミさんが加わりました」

横山センセとMAX渡辺さん、そしてモデルカステンのミナミさんの揃い踏み。

もう傍目にはなんの集まりかわからない3人ですが、展示会場では皆がうなずく取り合わせです。

やんまぁさんの「S.A.F.S.」

やんまぁさんの「S.A.F.S.」

これまた1/35でディスプレイモデル的な展示に目がいきました。

パッケージ的な印刷物も雰囲気がありますし、これからの部屋での飾り方の一つとして可能性を感じました。
映画化されたら、グッズとしてありですよね~。
ナンバリングとかして。

同じくやんまぁさんの「POMEGRANATE」

やんまぁさんの「POMEGRANATE」

ポメグラネイト?
ポメグラナーテ?

ジャンクパーツから作られた1/20オリジナルスーツとのことで、不気味かわいい。
塗装もうまかった。

カムロさん「ニットーパックレーテ」

カムロさん「ニットーパックレーテ」

こちら画像だとわかりにくいですが、砲塔上のアンテナがクルクル回転しています。

また電飾も施されていました。

え~と、次が作品カードがなくて作者、作品名ともに不明です…
ナッツロッカーの情景ですが、塗装がスゴくて思わず撮影。

ナッツロッカーの情景

荒々しいタッチで、油絵みたいな雰囲気があって衝撃を受けました。
私自身がけっこうチマチマ塗る方なので、ナッツロッカー作りたくなりました。

Rinonさんの作品群

Rinonさんの作品群。
一つ一つがかなり手を入れて作られている様子が伝わってきました。

扇田 勝さん「フィギュアたち」

扇田 勝さん「フィギュアたち」

扇田さんは仙台展示会にも出展されていたそうで、この日は遠征。
ランチをご一緒させていただきました。
席が離れていたのであんまり絡めませんでしたが。

扇田 勝さん「フィギュアたち」

フィギュアは塗りが個性的で、どこか脱力した感じがなんだか和むんですよね。
ヌギカケガールのやる気ない感じが好きです。

かと思ったら、

「Hyper A.F.S.」

扇田 勝さん「Hyper A.F.S.」
めちゃくちゃ気合い入ってるじゃないですか。

違う作風で作れるのが羨ましい!
パイロットのズボンの迷彩がすばらしい!

桃内さんの「パックレーテ」「グローサーフント」「ニーゼ」

「パックレーテ」

溶接跡とか、改造とかいろいろ細かく手が入って見所満載です。

桃内さんの「パックレーテ」

整備士がパックレーテ見てますね。

桃内さんの「グローサーフント」

桃内さんの「ニーゼ」

わきさんの「Original Motorcycle」

わきさんの「Original Motorcycle」

旧作も含めて5台!
もはやマシーネンクリーガーの枠を越えた作品だと思います。

どれもすばらしいデザインで
どうやったらこんなにかっこよく作れるのか?

わきさんの作品は海外で特に人気が高いように思います。

Pinterestにも勝手に投稿されているようですが、
やっぱり人気が高いんでしょう。

「MK44 AMMOKNIGHTS」もスゴい出来です。

とめぞうさんの「ラプター&ラプーン」

とめぞうさんの「ラプター&ラプーン」

これも1/35。
レベル高いですね~!
工作技術も塗装もすばらしい。
直球勝負っていう感じです。

きっとなんでも作れちゃう方なんだと思います。

ぼけちゃんさんの「RAPOON」

ぼけちゃんさんの「RAPOON」

タマミーのスタッフもやってくださってるぼけちゃんさん。
最近はカラダ作ってる方がメインみたいですがモデラーもしっかりやられてます。
オーソドックスですが、さすが作品レベル高いですね~!

展示会お疲れさま&ありがとうございました。

神戸 智一さん「Queen ‘B’ Knight + Venus suit」

神戸 智一さん「Queen 'B' Knight + Venus suit」

独特のヌメリ感があって、私は思わず
サイレントヒルに出てきそうですね!
と言ってしまいました。

そうしたら、神戸さん喜んでいらしたようだったので、
変なこと言ってなくてよかったです。

しかし、神戸さんご本人はスマートな感じなんですが作風はこんな感じなんですねえ。

神戸 智一さん「Queen 'B' Knight + Venus suit」

「Queen ‘B’ Knight」はヌメリとは対照的なガサガサ感が使い込まれた兵器感がありました。

katoyaさんのSpider

katoyaさんのSpider

こちらの作品受賞されてました。

わきさんのときもそうでしたが、やはりもうマシーネンクリーガーを越えたアート作品ですね。
この脚のプレート感がkatoyaさんならではのアプローチで全体のバランス、デザインともにすばらしいです。

katoyaさんのSpider

パステルを使われているとのことで、同じパステル使いとして興味深かったです。

katoyaさんの「Gundam」

katoyaさんの「Gundam」

「足はFWです」とのコメントが作品カードにありましたが、
フォッケウルフのことでしょうか?
聞いとけば良かった。

江の展にも出展されるようです。
しかしこの技術をこういうものにつぎ込むパワーがすごいですね。

久慈 明彦さんの作品

久慈 明彦さんの作品

久慈さんとはよく一緒に飲み会をしたりして、
パーツをいただいたり、模型作りのアドバイスもしてもらっていました。

金沢展示会にも二回、一緒に行っていて
仲良くさせてもらっていたのですが急逝されました。

突然のことで信じられず戸惑ったのを覚えています。
ご冥福をお祈りいたします。

斉藤さんの作品群

斉藤さんの作品群

いや~密度の濃い作品ですね。

斉藤さんの バニー

たしか、このバニーちゃんと
もう一つダブル受賞されていたかと思います。

バニーちゃんかわいいね~。

斉藤さんの バニー

キットのフォルムごと変えていく大胆な改造と
塗装レベルの高さが融合して
他の追随を許さない強力な作品となっています。

誠MODELS名義で活躍中の言成誠さんの作品

誠MODELS 言成誠さん

「SNAKE-HEAD」は
ホビージャパン誌でも取り上げられてましたね。

滑らかな曲面が独特の生物感があって、
マシーネンクリーガーをバイオ的(?)にした雰囲気です。

誠MODELS名義で活躍中の言成誠さんの「PROJECT G STARTED」

「PROJECT G STARTED」となっていましたので、
たぶんFBギガンテスの3Dプリンター出力モデルじゃないかと思います。

高津直人さんの「NIXE Undead」

高津直人さんの「NIXE Undead」

パイロットがガイコツなんですね。
細かい部分に手を入れられていました。
かっこいい!

ましねおじさんさんのCAMEL部隊

ましねおじさんさんのCAMEL部隊

迷彩がとてもきれいで、色味もすごく良かった。
どうやってこんなにきれいに塗るんでしょうか?

がぢめさんの作品

がぢめさんの作品群

毎回、色遣いが独特で、不思議なんですよね~。

SUBARUさんのフィギュア

ユキヘラさんの作品 RAPOON

ジャンパー着せたり、ヘッド(髪型?)が変わってたり
相変わらずうまいですね~。

ご本人は「ガンプラ修行中だ」とおっしゃってましたが、
また作品見られるのを楽しみにしております。

ユキヘラさんの作品

ユキヘラさんの作品 RAPOON

色味が気になるというか、どんぐりみたいな感じで目を引きました。
こうして見るとRAPOON作ってる方けっこう多いですね。

スギヤマさん「ABZ2」

スギヤマさん「ABZ2」

アシッドバッファーゾーンみたいな雰囲気です。
というかそのものなのかな?
色味が多くて、ふつうにやるとバラバラな印象になりそうですが、まとまってますね。

なんか動き出しそうです。

レーザーの工作

こちらもどなたのものかわかりません…

レーザーの工作

レーザーの工作がかっこよかったのと、この体勢での展示が珍しくて思わずシャッター押しました。

氷砂糖さんの「ノイスポッターとエディ君」

氷砂糖さんの「ノイスポッターとエディ君」 TENBOWKISSA

なんと1/76!
テンボウキッサさんのガレージキット作品。

氷砂糖さんの「ノイスポッターとエディ君」

とても丁寧に作られていました。

氷砂糖さんの「Stral Rock City」

それから「Stral Rock City」
思わず反応してしまいました。

まさかと思ったらやっぱりKISSでした。

NPGさんの「ギョ」

NPGさんの「ギョ」

伊藤潤二氏の同名マンガの立体化ということです。

NPGさんの「ギョ」

昨年のテングモデラーズ向けに製作されたということで不思議な迫力がありました。

西田アキシさんの「P.K.A.ペーパークラフト」

西田アキシさんの「P.K.A.ペーパークラフト」

ホットロッド風にされたということですが、かわいいですね。
展開図書いて、型紙作って…楽しそうです。

西田アキシさんの「P.K.A.ペーパークラフト」

双六のコマにしたいです。

梶 昭広さんの「なまたまご」

梶 昭広さんの「なまたまご」

これはやられました。
たしかにたまごに見えますもん。

ゆでたまごじゃないんですね。

LENIN SUAREZさんの「Ma.K. SNAKE EYE」

LENIN SUAREZさんの「Ma.K. SNAKE EYE」

色遣いが鮮烈でスゴいな、と思っていたら
懇親会でお会いできて、メキシコの方でした。

工作も塗装も細かくてすばらしい。

「MECHATRO WEGO」

LENIN SUAREZさんの「MECHATRO WEGO」

こちらもサンゴーで電飾も入ってます。
そしてその電飾に負けない色彩がスゴい。

「RAPTOR」

LENIN SUAREZさんの「RAPTOR」

懇親会で横山先生とSUBARUさんと一緒にLENINさんの話を伺ったのですが、先生曰く向こうの教会の祭壇の装飾様式が感じられるということでした。

たしかに独特の色彩と物があふれた感じが日本人にはない新鮮な感覚だと思います。

「GRADIATOR」

LENIN SUAREZさんの「GRADIATOR」

私が塗装で驚いたのがこちら。
メタリック感がスゴくてお話を聞きましたらモデルはニホンの昆虫だとのことでした。

LENIN SUAREZさんの「GRADIATOR」

実は帰りに駅まで送ってあげたら、レスラーの人形をいただきました!
ありがとう!

ごましおさんの作品

ごましおさんの作品

タイトルは…撮り忘れました。すいません。

このヘビみたいな赤目ちゃんが気になって撮影しちゃいました。
不気味カワイイ!

ごましおさんの作品

こちらもごましおさんの作品だと思います。(メモがない…)

塗装がきれいなんですよね。
それでいてスチームパンク的なごちゃっと感もあって、フィギュアとの取り合わせもあるあたり盛りだくさんですね~。

裁鬼さんの「破戒神」

裁鬼さんの「破戒神」

金属感がスゴい。

マシーネンクリーガー作品も展示されていたのでしょうか?
たぶんされていたんでしょうね。

ちゃんと見ておけば良かった。

kennyさんの「ガチャーネン?A.F.S.」

kennyさんの「ガチャーネン?A.F.S.」

こういう「技術の無駄遣い」サイコーです!

前見えてないだろ!とか、
ガチャガチャけっこうちゃんとウェザリングしてるし!とか
いろいろツッコミながら見させてもらいました。

おちよさんの「酒の谷のチヨシカ」

おちよさんの「酒の谷のチヨシカ」

一升瓶とヘッドに目が行きがちですが、丁寧に塗装してあってきれいでした。

おちよさんの「酒の谷のチヨシカ」

おちよさんの実物はフィギュアよりずっと美人です、マジで。
日本酒好きなら今度ぜひ一杯酌み交わしたいです。

パテモリヲさんの「いっぽい」(「いっぱい」かな?)

パテモリヲさんの「いっぽい」(「いっぱい」かな?)

もう、なんでも作ってる感が出てますね!
作品カードの「ねもいニャ」のネコがいい味だしてました。

やばい!お名前ど忘れ!

フィギュア

フィギュアがきれいでしたので塗料を伺ったらラッカーだというので驚きました。
ラッカーでもこんなにきれいに塗れるんですね。

フィギュア フィギュア フィギュア

私がやると塗料が泣いちゃってダメです。

ホネミッツ フィギュア

それから、こちらは工作したけど
塗り分けが大変でやってないとのことで気持ちわかりますね!

小比類巻隼太郎さんの「クイーンズBナイト」

小比類巻隼太郎さんの「クイーンズBナイト」

腕のせいでしょうか?
甲殻類みたいな雰囲気で塗装のオレンジ?赤?が鮮烈です。

水色ベースってかっこいいですね。
ランチご一緒させていただきました!
またたべましょー

MDさんの作品群

MDさんの作品群 ニットー

ニットー製にこだわって作ってらっしゃるそうですが、
私のような新参はニットーのキットを見る機会もないので
物珍しくてジロジロ見ちゃいました。

MDさんのニーゼ MDさんの作品群 ニットー

uzazoさんの作品群

uzazoさん ドラゴンボールのメカコレ ブルマ 孫悟空

ドラゴンボールのメカコレがものすごくディテールを詰め込んで完成されてました。
欲しい!

uzazoさん ドラゴンボールのメカコレ ランチさん

ランチさんもすごくいい!
俺もつくろ!

tana 棚橋雄一郎さんの「女子高生とお金」

tana 棚橋雄一郎さんの「女子高生とお金」

犯罪的な作品名ですな!
カネゴンの塗装がリアル。

スケキヨさんの「Redy Made YAKULT」(原文ママ)

スケキヨさんの「Redy Made YAKULT」

スターウォーズであり
マシーネンクリーガーである
ほんとのミキシングビルドですね~。

センスの塊です。

KHYeungさんの「SNAKE-HEAD CUSTOM」

KHYeungさんの「SNAKE-HEAD CUSTOM」

この作品に一票入れさせてもらいました。
塗装の蛍光の赤がアクセントで入っていて迷彩のバランスに感心しました。

KHYeungさんの「SNAKE-HEAD CUSTOM」

誠MODELSのガレキとスネークアイのキットが欲しくなりますね。

受賞おめでとうございます。

さてさて、レポート1回目はここまで。
第2回も近日中にアップします。

お楽しみに!