Ma.K. NIXE ニーゼ完成~撮影しました!

QUEENS’B’KNIGHT製作下準備 キット内容確認から洗浄まで

QUEENS’B’KNIGHT製作下準備 キット内容確認から洗浄まで

QUEENS’B’KNIGHT製作 キット内容確認から洗浄

Robot Battle V / MK44 Ausf.G 「QUEENS’B’KNIGHT」の製作を開始しました。

FACEBOOK上でこのキットのコンテストが開催されます。

そこに出展するために製作をしていきます。

キットの原型/製作はLOVE LOVE GARDENのサイトウヒールさん。

超絶技巧の原型師でフィギュアも造られていて、これもめちゃくちゃカッコいいので興味のある方はこちらも是非!

と、宣伝みたいになっちゃうのでとっとと造り始めましょう。

今回はキットの内容を確認~キット洗浄まで。

レジンキットの製作が初めてなので、慎重にいきます。

キット内容の確認

QUEENS'B'KNIGHT 製作 キット確認

インストをもとにキットの部品数を数えたり、ランナーを確認します。

全部揃っていたので、レジンを洗います。

レジンでよく聞くのが「塗料を弾く」「造った後に合わせ目が割れる、ズレる」というトラブルです。

調べると、まず塗料を弾いてしまうトラブルは、表面の離型剤のせい。

それから、完成後に合わせ目が割れたり、ズレるのは、レジン内部の可塑剤が後から抜けて縮むからだそうです。

というわけで、その対策を。

 キットを煮る

用意するのは鍋と水と洗剤、それからザル。

QUEENS'B'KNIGHT 製作 鍋

これでキットを煮て、表面の離型剤と内部の余分な可塑剤を除去します。
鍋は料理用のを使うわけにはいかないので、新しく買ってきました。

我が家は、幸か不幸かIH調理器なので、100均の格安鍋が使えず、近所のニトリでIH、ガス兼用の鍋を購入。

模型専用鍋にしようと思います。

そこに水を張って、沸騰させます。

キットを触ると少し滑る感じです。
これが離型剤なのだと思います。

鍋に張った水に洗剤を垂らします。
食器用洗剤を使いました。

QUEENS'B'KNIGHT 製作 洗浄 洗剤

ま、広い意味で離型剤も油汚れだろうという風に考えました。

レジンキットを鍋に入れます。

QUEENS'B'KNIGHT 製作 洗浄 鍋に投入

沸騰したお湯に洗剤を入れるため独特のケミカル臭がします。

換気扇をしっかり回します。

鍋の表面にレジンがくっついてしまうのを心配したのですが、沸騰したお湯でパーツがぐるぐる動くので大丈夫でした。

QUEENS'B'KNIGHT 製作 洗浄 沸騰

だいたい20分くらい茹でました。

QUEENS'B'KNIGHT 製作 洗浄 沸騰 洗剤

パーツが衝撃で割れないようにザルに開けます。

冷めてから触ってみるとキット表面がキュキュッとなりました。

無事に離型剤は取れたようです。

可塑剤の方はよくわかりませんが、取れた!と思うことにします。